マリオットタイムシェアオーナー歴3年のまとめ!ぶっちゃけ、どう?

2016年8月、家族4人での久々ハワイ旅行に浮かれていた私たちアラフィフ夫婦^^

誘われるがままにマリオットバケーションクラブタイムシェアの説明会に参加し、
目をハートにして即日契約した普通のサラリーマン一家です^^

最初のうちは(ってまだ3年弱ですけど)、

ポイントの繰り越し期限を把握していなくてポイント失効してしまったり(涙)
有効期限の長いポイントを先に使ってしまってまたもやポイント失効したり(涙)

とまぁ、お決まりの珍道中をしつつ、
2019年1月現在までに、マリオットリゾートをチョコチョコと4回利用しました♪

プーケット、コオリナ、バンコク、ワイコロア♪

 

利用していくうちに、管理費は着実に上がってますけど、
不思議と「元を取る」とか考えなくなりましたし、
資産価値とか全く期待しなくなりましたし、
「次はどんな風にどこのマリオットリゾートを楽しむか」のみを考える人になってきました(笑)

説明会でのポイント買い増しのセールスに負けそうになることもありますが、
とりあえずは、現在の我らの身の丈に合ったタイムシェア生活をエンジョイ中!

 

この記事では、そんなマリオットバケーションクラブタイムシェアオーナー歴3年の我が家の、
現在進行形のリアルな失敗談や活用術、リゾート滞在記などお届けします。

 

マリオットのみならず、ヒルトンやウィンダム、アナンタラなどの
タイムシェア物件を検討中の方にもお役に立てれば幸いです。

 

参考: マリオットバケーションクラブタイムシェアの説明会に4回参加して学んだこと

 

Sponsored Link

 

マリオットバケーションクラブのタイムシェアって?

アメリカが誇る高級ホテルブランド、マリオット。

マリオットが世界中に持っている豪華リゾートに泊まれる会員制タイムシェアシステム
マリオットバケーションクラブ(MVC)です。

簡単に言えば、リゾートクラブの会員権、みたいなものかと。

 

マリオットバケーションクラブも、数年前までは
一般的なタイムシェアのように週単位の利用権を購入する形でしたが、
現在はポイント制になり、1泊から利用可能など、
非常にフレキシブルに利用できるようになりました。

 

我が家は、2016年8月、ハワイのコオリナで、
ポイント制に移行してからの購入でしたが、
その時の私がザクッと理解したMVCの魅力は以下の通り^^

①購入したポイントを使って、世界中のマリオットリゾートに泊まれる
②高級コンドミニアムタイプなので、部屋が広くて豪華
③ポイント購入の初期費用+年間管理費(毎年若干値上がる)が必要
④年間管理費=年間の宿泊代、と考えれば、かなりお得
⑤アメリカに登記し、永代所有!(子供や孫に残せる)
⑥Studio、1BR、2BRという部屋タイプが選べ、利用泊数も自由
⑦部屋タイプ、時期、曜日によって必要なポイント数が違う(ポイントチャートとにらめっこ)
⑧ポイントの前借り繰り越しができるので、無駄なくポイント消化できる
⑨インターバル社のリゾート施設も交換利用できる
⑩マリオット系列のホテルもリワードポイントに変換すれば利用可能

マリオットバケーションクラブオーナー歴3年となった今、
なんとなく我が家なりの利用パターンが決まってきたというか、
「使いながら覚えた」感がありますが、
説明会に出向くと初めて知ることも多く、まだまだひよっこだなぁと感じます。

 

とにかく、マリオットに限らず、タイムシェアの最大のメリットは、

「リーズナブルな価格で豪華な部屋に泊まれる」

ということですから、
そのメリットを大いに享受できるよう、上手に活用したいものです^^

確かに、もうホテルの部屋には戻れません^^;

 

参考: コオリナビーチの朝散歩の終点にある天国のような穴場カフェ!軽い朝食も♪

 

週単位の利用権 → 新ポイント制

典型的なタイムシェアの形は、

「リゾートマンションの1室を、1年間52週としてその権利を分割して共同所有する」

という、週単位での利用権を購入するというもの。

 

マリオットバケーションクラブも、数年前までは、週単位での利用権を販売していました。

例えば、コオリナのオーシャンビューの2ベッドルームを年に1週間利用する権利を買う
といった形です。

交換手続きをすれば他のリゾートも利用できますが、
ホームは「コオリナのオーシャンビューの2ベッドルーム」なわけです。

・1週間単位でしか予約できない
・チェックインの曜日が決まっている
・ホームが決まっている

というシステムは、我が家のような現役サラリーマン一家には向かないかなぁ、と、
10年以上前にヒルトンのタイムシェアを検討した時も、そんな理由で見送った記憶があります^^;

 

ところが!

マリオットバケーションクラブは、現在、ポイント制に移行しています。

2000ポイント、4000ポイントなど、好きなポイント数を購入し、
毎年付与されるポイントを使って、1泊からマリオットリゾートを利用できます。

初期費用年間維持費は、ポイント数に応じた値段となります。

 

ちなみに、保有するポイント数によって、オーナーがランク付けされてます(笑)
階級社会です(笑)

参考: マリオットバケーションクラブのオーナー会員には5つのランクがある!違いは?

 

部屋タイプや時期、曜日によって、必要なポイント数が違うので、
ポイントチャートとにらめっこして、効率よく旅の計画をたてるのも楽しみです^^

参考:マリオットバケーションクラブの上手な使い方は?平日狙い&超早め予約がコツ♪

 

また、ポイント制なので、ホームという概念がありません。
私たちは、コオリナで購入しましたが、「コオリナがホーム」ということではなく、
世界中のマリオットリゾートを交換手続きなしで予約できるので、
いろいろなリゾートに行ってみたい人には向いていると思います。

 

マリオットでは、週単位での利用権を持っているオーナー向けに、
新ポイント制にグレードアップするセールスもさかんに行っているようですね。

ポイント化のメリットデメリットを検証しているオーナーさんのブログです。
 ⇒⇒ マリオットバケーションクラブ ポイント化について考える①

 

Sponsored Link

 

マリオットバケーションクラブ アジアパシフィック(AP)との違い

お恥ずかしながら、私、つい最近まで、

我が家がコオリナで購入したマリオットバケーションクラブ(アメリカの会社)と、
日本でセールスしているマリオットバケーションクラブアジアパシフィック(シンガポールの会社)の違いが
分かっていませんでした^^;

日本で参加した説明会で知りました^^;

我が家はオーナー歴3年の初心者なので、
各地で参加した説明会で初めて知ること、いっぱいあります~^^;
勉強勉強!!

参考; マリオットバケーションクラブタイムシェアの説明会に4回参加して学んだこと

 

違い① アメリカとシンガポール

コオリナで購入するのはアメリカのMVC
アジアパシフィック(AP)はシンガポールのMVC、なんですね。

アメリカのものは、日本国内で販売することができません!

なので、ハワイでセールスを受けて、
「日本に帰ってちょっと考えてから契約でもいいですか?」と聞くと、
「それはできないんです」と言われます。

契約を迷っている場合は、とりあえず現地で契約書類を書いてしまい、
帰国後にクーリングオフする、という形になるんだと思います。

つまり、日本で説明会を行い、セールスを行っているのは、アジアパシフィックの方です。

 

違い②APのホームリゾートは7つのマリオットリゾート

アメリカのMVCは、世界中の50カ所以上のマリオットリゾートがポイントで利用できますが、
APのホームリゾートは、マリオットが保有している一部のリゾートです。

この「一部の」というのは、具体的には以下の7つのマリオットリゾートです。

・コオリナ
・カウアイ島
・バリ
・プーケット
・バンコク
・ラスベガス
・ゴールドコースト

もちろん、APのホームリゾート以外のマリオットリゾートも利用可能ですが、
エクスチェンジプログラムを通すひと手間があります。

 

違い③APは2056年までの期限付きの利用権

アメリカのMVCは永代所有で、不動産登記するのに対し、
APは、2056年までの利用権で、不動産登記はありません。

子供に残したい・・とかでなくて、
 その分安く購入できるのであれば、期限付きでも問題ないのかなとは個人的には思います。

 

 

日本語サポートはどの程度?英語が苦手でも大丈夫?

マリオットバケーションクラブのオーナー契約が済み、
支払いなどの手続きが一段落したら、
徐々に担当のセールスの方とのやりとりもなくなり、
旅の準備を自分で始めることになります。

つまり、契約まではガッツリ日本語で対応してもらえますが、
それ以降は、自分で英語を読まなきゃいけなくなります^^;

リゾートを調べたり、予約したり、ポイントの繰り越し処理をしたり、
年会費の支払いなどなど、全て、英語のみのマリオットバケーションクラブのWebサイトで行うことになります。

 

英語が極端に苦手な方にとっては、

コオリナでバリバリ日本語でセールスを受けて契約したのに、なんで??

となってしまうようです・・

 

頑張って、オーナー専用のWebサイト(英語)とお友達になろう

マリオットバケーションクラブのWebサイトはこちら

英語オンリーです!

↑こんなふうに、
ポイントの残高を確認したり、
宿泊に必要なポイント数が分かるポイントチャートを見たり、
タイムシェアのポイントをリワードポイントに移したり、
インターバル社の交換利用の手続きなどなど、
すべてこのオーナー専用のWebサイトで行われるので、
この英語Webサイトをしっかり使いこなすことが、タイムシェアを有効活用する近道じゃないかとすら思えます^^

オール英語ですが、このサイトだけは、操作方法をがんばって覚えてしまいましょう!
慣れの問題なので、最初だけです^^

私の「ポイント失効」という失敗も、
このWebサイトの英語をしっかりと読みこんでいれば防げたことなんですよね^^;

参考:マリオットバケーションクラブのポイントの繰り越し期限に注意!我が家のポイント失効体験談(涙)

 

ちなみに、マリオットバケーションクラブアジアンパシフィック(AP)のWebサイト
しっかりと日本語対応されていて、それが一つの売りになっています^^

日本人オーナーの占める割合の問題ですね^^;

ぶっちゃけ、英語が全く読めない!!と言う方は、
日本にも営業所があり、Webサイトも日本語対応しているアジアパシフィックの方がストレスなく活用できる
と思います。

 

日本語対応の電話問い合わせ(フリーダイヤル)を利用する!

コオリナで契約してしまったものの、英語オンリーの書類とWebサイトに、

こんなはずでは・・
まずは何から始めればいいの?

と途方にくれている方から相談を受けることがあります・・

まぁ、英語の文章がギッシリのサイトというのは、
英語のReadingはまぁまぁ普通に出来るかなと自負している私ですら、
よっぽど必要にせまられないと、ガッツリ読み込めないものではないかと・・

 

そんなときは、日本語の問い合わせ電話窓口を利用しましょう!

マリオットバケーションクラブのWebサイトは日本語対応されていませんが、
日本語の問い合わせ電話窓口はきちんと用意されてます^^

フリーダイヤルが用意されているので、
自分のオーナー番号片手に、まずは電話してみましょう!

0120-924657

私もポイント失効騒ぎの時に電話したことがありますが、親切に対応していただけましたよ^^

まずは、Ownerとしてログインするためのアカウント(UsernameとPassword)の作り方からでも
遠慮なく問い合わせて、頑張ってオーナー専用Webサイト(英語)とお友達になりましょう!

 

 

そもそも、タイムシェアを使いこなせるか不安?

「ハワイが大好きで、今後もハワイに来るなら、タイムシェアを買っておいた方が絶対お得で豪華な滞在を楽しめますよ!」

なんていう旅先でのセールストークに、ついついタイムシェアを買ってしまったものの、

「英語も分からないし、使える気がしなくて、今は不安しかない」

というご相談をいただくことがあります。

タイムシェアのメリットを享受し、お得に豪華なお部屋で旅を楽しんでいる人もいれば、
買っても使えずに管理費のみ支払いながら悶々としている人もいる・・

旅のスタイルは人それぞれですし、時が経てば変わりもしますから、
タイムシェアが合う人もいれば、合わない人もいるのは当然で、
そこを買う前に見極めるのが大事なんだな、と思います。

 

私が、タイムシェアについてもっと勉強しよう・・とした時に出会った本があります。
マリオットバケーションクラブのタイムシェア購入後でしたが^^;

筆者は、タイムシェアオーナー歴10年の方で、
タイムシェアを買おうか迷っている方にも、もっと上手に活用したい方にも、
とても役立つ本だと思いますので、ご紹介しておきます^^

そのタイムシェア、本気で買いますか?

Kindle本です。

<目次>
第0章 タイムシェアを買う前に答えておくべき10の質問
第1章 私はハッピーなタイムシェアオーナー
第2章 タイムシェアとは旅費の前払いシステム
第3章 タイムシェアのオーナーに一番適している職業は無職
第4章 維持費用はコンドミニアムを持つ方が安くできる
第5章 タイムシェアに資産価値はないと考える
第6章 説明会に参加する時の心の準備
第7章 タイムシェアをローンで買ってはイケない
第8章 契約をキャンセルする方法
第9章 タイムシェアを買うならリセールも検討すべし
第10章 使うと決めたら前向きに
第11章 タイムシェアを使いこなすには規約の理解から
第12章 タイムシェアを使った滞在は心地よい
第13章 タイムシェアで快適に過ごすには男が働く
第14章 タイムシェアを買うなら時間をかけて勉強する
第15章 旅行のニーズは変化することを忘れない
あとがき 〜 やっぱりタイムシェアを買いたいですか?

目次からして↑、絶対読みたくなりますよね(笑)

 

Sponsored Link

 

リセールは買いか?

マリオットに限らず、

タイムシェアを買うならリセールがお得!?

ということは、タイムシェアを検討されている方なら聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

リセールの存在を知らずに新規で購入し、購入後しばらく経ってから、

「わ、リセールで買った方が断然お得だったのでは!?」

とどんよりするのは、タイムシェア購入者あるあるのような気もします。

 

説明会の時に、リセールのことについて聞いたことがあります。

リセールのデメリットとして、

「リセールで購入すると受けられないサービスがある」

というのがあります。

具体的には、ホテルを利用する時、本来、
4000ポイント以上保有していればマリオットリワードのステータスが上がって
ゴージャスなホテル利用ができるのですが、
リセール購入者はそのサービスは受けられない、というもの。

お部屋のアップグレードが受けられたり、レイトチェックアウトできたり、
ラウンジが使えたり、朝食が付いて来たり。

一瞬、「えっ、そんなステキなサービスが受けられないの!?」と思いますが、
そもそも、ホテル利用を考えていないオーナー(我が家とか)には関係ないお話^^;

ホテルのステータスに関するもの以外にもいくつかデメリットがありましたが、
普通に「マリオットリゾートに泊まる」という利用方法では、
新規購入でもリセール購入でも差はありません。

 

リゾート滞在時に、

「スタッフは、そのオーナーがリセール購入者であることは把握している」

なんていやらしい話も聞きましたけど、
リセール購入者だからといって差別を受けるんでしょうかね?(笑)

まぁ、「説明会に来て!」という勧誘がなくなるくらいはあるかも??^^;

ちょっと検索すればリセール売買の代行業者もヒットしますし、
タイムシェアの本場アメリカでは20%以上がリセール購入だそうですし、
売却を含めたリセールの需要は今後増えていくんじゃないかと思います。

私たちも、今後ポイント買い増しをしたくなった時は、
まずリセールを検討すると思います^^

 

 

売却はどのように?

すぐに売却することを前提にタイムシェアを買う方はいないと思いますが、
何が起こるか分からないのが人生・・

どんな手続きで、いくらで売却できるのか

というのは知っておきたいものです。

 

私たちが購入したマリオットバケーションクラブのポイントも、
子供や孫に相続できる永代所有とはいえ、私たち亡き後、

我が家の娘2人は、年間維持費を支払い続けながらタイムシェアのオーナーでいることを望むか?

なんてこと、今は分からないわけで^^;

 

売却に関しては、購入する前にもセールスの方に質問したのですが、

売却は可能ですが、二束三文になると思ってください。
つまり、不動産のように投資感覚で購入するのではなく、
タイムシェアならではの豊かな旅を楽しむことを目的に購入してください。

というような回答だったと記憶しています。

なので、我が家は、

私たち夫婦が元気でいる間に、元がとれるくらいめいっぱい活用して楽しもう!

という考えです。

消耗品に近い?^^;

ぶっちゃけ、タイムシェアに資産価値を期待してはいけない、んです。

 

 

利用し始めて分かったこと

タイムシェアの会員になったのは初めてでしたが、夫は一応不動産会社勤務ですし、
それなりにタイムシェアポイントの使い方やマリオットリゾートの概要などは把握していたつもりでした。

が!!

やはり、使ってみて初めて気付くこととか、
説明会で聞いて初めて知ることがいろいろありましたっ!

 

ホテルでポイント利用は、コスパ悪し

最初に契約する時って、

マリオットリゾートだけじゃなく、
マリオットグループのホテルもポイントで利用できるんですよ!

と聞き、

海外に行けない年は日本でも使えるし、
マリオットリゾートがないところでもマリオットホテルは大抵あるし、
なんてステキなんだーーっ♪

と目をハートにしていました。

 

が、あけてびっくり^^;

 

例えば、軽井沢のマリオットに泊まろうとすると、1泊775ポイントも必要!?

東京のマリオットは1泊750-800ポイント
沖縄のマリオットは、季節変動は大きいですが、1泊450-2000ポイントも必要!?

参考までに、4月の平日コオリナは、
2ベッドルームのオーシャンビューでも、1泊625ポイント
ホテルタイプのStudioマウンテンビューなら、1泊205ポイントで泊まれるんです。

たーくさんポイント保有しているリッチなオーナーさんならいいんでしょうけど、
少ないポイントを有効利用しようとしている我らのような庶民派オーナーは、
わざわざマリオットホテルでポイントを使う気にはなれません^^;

 

「今年のポイントが半端に余っちゃったから、ちょっくら軽井沢のマリオットにでも1泊する~?」

みたいな使い方ができれば嬉しいんですが、そんな甘い世界ではありませんでした(笑)

 

ちなみに、ホテルは、Webサイトの

DESTINATIONS → Explore Collection → Explore Hotels and Luxury Residences

から検索できます。(これも説明会で教えてもらいました・・)

 

提携リゾート会社(インターバル社)は、実質ツカエナイ?

娘が受験の年、さすがに娘を放って両親が海外旅行というのも気が引けるので、

その年のポイントはインターバル社の北海道のリゾートと交換して、
暑い夏に涼しい北海道で、娘は勉強合宿、親はゴルフの1週間ってのはどうだろうか?

という計画をたてようとしていました。

このことを東京での説明会の時にセールスの女性に相談したら、

「北海道、まず空きは出ませんよ」

とバッサリ。

交換利用のためにインターバル社にポイントを預けても(手数料もかかる?)、
空きが出ないんだったら・・と考えると、

ツカエナイ・・

 

インターバル社との交換利用はまだしたことがないのでなんとも言えないのですが、
どんな風に利用すれば一番ツカエルのか?

今後の我が家の課題です。

何ごとも経験、使いながら覚える派なので、そのうちトライしてみようと思います^^

 

Sponsored Link

 

既にオーナーでも、説明会に参加して損なし!

マリオットバケーションクラブの説明会は、ご新規様向けにはもちろんのこと、
既存オーナー向けにもポイント買い増しセールスなどを目的にさかんに行われています。

大抵のマリオットリゾートにはセールスの方たちがいて、
リゾート先でも90分ほどの説明会への参加を促されます。
 
我が家は、今まで4回、4カ所で、マリオットバケーションクラブの説明会に参加しましたが、
毎度初めて知ることがあるんです!(単なる勉強不足?汗)
 

ということで、マリオットのタイムシェアを上手に使うこなすためにも、
説明会参加はかなり有意義と実感中。

たった90分とはいえ、せっかくのリゾート滞在時間を説明会に割くのはどうよ・・

と思いがちですが、経験上、参加して損はありません!!

商品券などいろいろいただけるのもありますが、
何より、マリオットのことについて、何でも質問できて、超具体的な話が聞ける!

予約方法でも、Webサイトの使い方でも、具体的なリゾート地のことでも、
分からないことを直接聞ける唯一の機会なんですよね。

 

説明会参加後に、セールスの方たちがゴリ押ししてくるようなことがないのも安心。
この辺、マリオットはスマートだなぁといつも感心します。

 

参考: マリオットバケーションクラブタイムシェアの説明会に4回参加して学んだこと

 

実は私、セールスの方たちのプライベートなことを聞くのもめっちゃ楽しみなんです。

プーケット以外は女性のセールスさんだったんですが、

ハワイに移住した経緯とか、国際結婚の様子とか、現地での生活ぶりとか、
ハーフのお子さんのこととか、これまでどんな仕事していたの?とか、
ちょっとした合間にいろんなことを聞いちゃいます。

女性の生き方ってほんとにいろいろだな~

と、たくましく海外で働く彼女たちから、たっぷり刺激をもらってます^^

 

 

買って正解だった?

まだオーナー歴3年ですが、
マリオットバケーションクラブのタイムシェアを買って正解だったか?
と聞かれれば、今のところ、

我が家は大正解!

コスパ的には、初期費用をペイできるのはいつなんだろう・・
という気もしないでもないですが、とにかく、

タイムシェアを買う前よりも、断然、旅を楽しめている

のは、はっきりとした事実!

正直、それだけでいいんじゃないでしょうか^^

 

あ、でも、マリオットタイムシェアのオーナーであるという自己満足感も侮れません!

「オーナー様」という響きが、庶民の私たちにとっては、くすぐったくも、心地よい~(笑)

 

我が家の「タイムシェアのある生活」

最後に、一例として、我が家のタイムシェア利用例を♪

我が家は子供たちがもう大きいので、旅はもっぱら夫婦ゴルフ旅行です。

コオリナ以外にも、ハワイの島やバンコク、プーケットは、
ゴルフが楽しめるお気に入りの旅先です。

特に、乗り換えなしで行けるコオリナ、ハワイ島、バンコクは、
今後リピートすることでしょう。

キッチン・洗濯機が完備した、マリオットリゾートらしい広く洗練された部屋で、
「暮らす」ような滞在をしながら、ゴルフを楽しむ。

夫はまだ現役サラリーマンなので、4泊くらいがちょうどよい^^

ポイント失効といった失敗もしましたが、
ポイント制だからこそ、自由度高く、他のホテルと組み合わせたりしながら
少ないポイントをチョコチョコ使って楽しんでます。

シルバーライフに片足突っ込んでる我ら夫婦ですが、
これからも毎年マリオットのタイムシェアでゴルフ旅を楽しむためにも、
まずは健康第一!と、元気ももらえてる感じですし、
夫婦のコミュニケーションにも一役買っているのは間違いない^^

今後、孫が生まれたりしたら、あこがれの孫連れ旅行のために
ポイント買い増しも検討することになると思います^^

 

【我が家のマリオットリゾート宿泊記】
① マリオットのマイカオビーチプーケット宿泊記。2つのリゾートの違いは?
② コオリナビーチの朝散歩の終点にある天国のような穴場カフェ!軽い朝食も♪
③ バンコクのマリオットエンパイアプレイス宿泊記♪屋台やスーパーが充実!
④ マリオットワイコロアオーシャンクラブ宿泊記。ハワイ島グルメ、ゴルフお得情報♪

Sponsored Link
[ マリオットタイムシェアオーナー歴3年のまとめ!ぶっちゃけ、ど... ]マリオットバケーションクラブ2019/01/21 10:36

UA-71210650-2