マリオットバケーションクラブAP(アジアパシフィック)との違いは?

お恥ずかしながら、私、つい最近まで、

我が家がコオリナで購入したマリオットバケーションクラブ

と、

日本でセールスしているマリオットバケーションクラブアジアパシフィック(AP)

の違いが分かっていませんでした^^;

 

日本で参加した説明会で、ハッキリと知りました^^;

我が家はオーナー歴3年の初心者なので、各地で参加した説明会で初めて知ること、いっぱいあります~

勉強勉強!!

 

Sponsored Link

 

違い① アメリカとシンガポール

我が家がコオリナで購入したのはアメリカのマリオットバケーションクラブ

日本でセールスしているアジアパシフィック(AP)はシンガポールのマリオットバケーションクラブ

なんですね。

 

アメリカのものは、日本国内で販売することができません!

なので、ハワイでセールスを受けて、

「日本に帰ってちょっと考えてから契約でもいいですか?」

と聞くと、

「それはできないんです」

と言われます。

契約を迷っている場合は、とりあえず現地で契約書類を書いてしまい、

帰国後にクーリングオフする

という形になります。

 

つまり、日本で説明会を行ってセールスを行っているのは、マリオットバケーションクラブアジアパシフィック(AP)の方です。

 

違い②APのホームリゾートは7つのマリオットリゾート

アメリカのMVCは、世界中の50カ所以上のマリオットリゾートがポイントで利用できますが、APのホームリゾートは、マリオットが保有している一部のリゾートです。

この「一部の」というのは、具体的には以下の7つのマリオットリゾートです。

・コオリナ
・カウアイ島
・バリ
・プーケット
・バンコク
・ラスベガス
・ゴールドコースト

もちろん、APのホームリゾート以外のマリオットリゾートも利用可能ですが、エクスチェンジプログラムを通すひと手間があります。

 

違い③APは2056年までの期限付きの利用権

アメリカのMVCは永代所有で、不動産登記するのに対し、

シンガポールのMVCアジアパシフィックは、2056年までの利用権で、不動産登記はありません

 

期限付きである分、安く購入できるのであれば、アジアパシフィックでも問題ないのかな

と、説明を受けた時は思いました。

期限付きとはいっても、2056年には、私たち夫婦は、88歳ですし(笑)

 

違い④APのWebサイトは、日本語対応

 

アメリカのマリオットバケーションクラブのWebサイトは、英語オンリー

シンガポールのマリオットバケーションクラブAPのWebサイトは、日本語対応あり

↑日本人オーナーの割り合いの違いなんだと思います。

 

リゾートの予約だけでなく、ポイントの残高を確認したり、宿泊に必要なポイント数が分かるポイントチャートを見たり、タイムシェアのポイントをリワードポイントに移したり、インターバル社の交換利用の手続きなどなど。

すべて、上記Webサイトで行うことになります。

なので、英語が極端に苦手・・という場合は、日本語ページのあるAPがラクだと思います。

 

Sponsored Link

 

当然ですが、ライバル関係です(笑)

同じマリオットバケーションクラブでも、アメリカのMVCシンガポールのMVCアジアパシフィック(AP)は別会社ですから、当然、

お互いのことをよく言いません(笑)

セールスですし、自分のところのポイントを買ってほしいですからね^^

 

実は私たちがAPのセールスを受けた時、仮契約までしてクーリングオフをさせていただいたのですが、そのことをハワイ島ワイコロアの説明会の時に話したら、

「それは正しい決断でした」

と褒められました(笑)

 

アメリカのマリオットバケーションクラブか、シンガポールのマリオットバケーションクラブAPか、

どちらが自分たちに合うのか?

は、上記の違いを押さえた上で、あとはセールスで提示される値段で判断するとよいのかかなと思います。

 

 

【我が家のマリオットリゾート宿泊記】

 

 

 

Sponsored Link
[ マリオットバケーションクラブAP(アジアパシフィック)との違... ]マリオットバケーションクラブ2019/01/21 22:37

UA-71210650-2