ハリネズミ、レントゲンと触診で腫瘍の場所を探す・・

ハリネズミのパリコのお腹がパンパンに膨れてしまって、病院に行ったら、

悪性腫瘍(癌)による腹水と診断され・・

 

今回は、残りの腹水を抜き、レントゲンと触診で腫瘍の場所を探してもらいました。

 

Sponsored Link

 

残りの腹水を抜く・・

2日前に、小さな注射器12本分の腹水を抜いてもらったのに、今日はそれよりも多い13.5本分(涙)

写真じゃ分からないけど、2日前より、腹水の色が薄くなってました!

つまり、血液成分(腫瘍からの出血)が少なくなっているということ^^

 

腹水は、ほぼ抜き切ったようです。

2日前、380gだった体重が、220gに(涙)

 

ふとっちょパリコ、って思っててごめん(涙)

ほんとは、こんなにガリガリパリコだったんだね(涙)

 

思い返せば、あまり動き回らなくなっていたのは、動けなくなっていたんだよね・・

4才半のおばあちゃんだし・・って年のせいにして、食欲が落ちるまで気が付かずにごめん(涙)

 

ああ、3回りくらい小さくなったパリコ、弱弱しい・・

 

レントゲンと触診で腫瘍の場所を探したけど・・

お腹の皮の下はすぐ内臓、ってくらい萎んだお腹は、かなり触診しやすいに違いないっ(汗)

 

その前に、レントゲンを。

本当は、読影の邪魔になる針は映したくないのだけど、今のパリコに不自然なポーズは無理と判断し、私がパリコの両脇を手で押さえて、私の両手ごと撮ってもらいました。

針で見づらいレントゲン画像によると、

分かりやすく大きくなっている腫瘍は見当たりません。

一番の良いニュースが、

肺がキレイ!!

つまり、パリコ、まだまだ生きられます!!!!!

 

次に、触診

触診でも、大きな腫瘍は触れません。

つまり、肝臓、すい臓などの小さな臓器の腫瘍でしょう・・とのこと。

分かりやすい血尿や出血はないけど、ちょっと緑がかった便に潜血反応があるので、腸管の可能性も、と。

手術で摘出可能な子宮以外の部分に腫瘍がある可能性が高い・・

つまり、癌と共存していく道しかないということ。

 

Sponsored Link

 

パリコの今後の治療方針

どこに腫瘍があるかはハッキリしなかったけど、

 

ご飯をたくさん食べさせて体力を付け、
腹水が溜まって苦しくなったら腹水を抜いてもらい、
癌と共存していく。

 

パリコの治療方針はこんな感じになりました。

とにかく、肺がキレイでよかった^^

まだ大丈夫^^

 

次は、弱ったパリコに増えてしまったダニ退治!

 

家族皆でしっかりとかわいがりながら、パリコが苦しまないよう、注意深くお世話していきますよっ!!

めざせっ、5度目の冬越え\(^o^)/

 

Sponsored Link
[ ハリネズミ、レントゲンと触診で腫瘍の場所を探す・・ ]ハリネズミ♪2019/11/01 12:49

UA-71210650-2