宴会続きで飲み過ぎ&二日酔いの夫のために、しじみのオルニチンたっぷりの、

「簡単しじみ梅干みそ汁」

をよく作ります。

作るんじゃなくて、混ぜてお湯を注ぐ!なんですけどね^^;

うちの夫は、飲み過ぎで疲れが全然取れてない朝は、これだけでいいようですよ・・

午前中はほぼ水分だけで胃腸を休ませ、ついでに酷使している肝臓もいたわってあげましょう♪

Sponsored Link

飲み過ぎで二日酔いの朝には、簡単しじみ梅干しみそ汁!

飲み過ぎ二日酔い夫のための「簡単しじみ梅干みそ汁」レシピ!

飲み過ぎに、しじみのエキスがよいというのは聞いたことがあると思います♪

しじみのエキスとは、ズバリ、オルニチンという成分!

オルニチンは、肝臓の働きをよくし、疲労回復を助けるアミノ酸です。

サプリで摂取するのもよいのでしょうけど、二日酔いの朝ごはんに、しじみ約80個分のオルニチンが摂取できるみそ汁!

なかなか良いみたいです^^

インスタントみそ汁に、梅干しネギなどの具材を少し加えるだけという、忙しい朝に嬉しい超簡単レシピ!

飲み過ぎ&疲労蓄積に効いて、しかも美味しい朝スープができあがりますよ!

Sponsored Link

簡単しじみ梅干しみそ汁のレシピ^^

簡単便利な生みそタイプのインスタントみそ汁を使うので、レシピというほどのものでもありませんが^^;

飲み過ぎ二日酔い夫のための「簡単しじみ梅干みそ汁」レシピ!

↑こういう、しじみ80個分のオルニチンが入っている、というような生みそタイプのインスタントみそ汁を用意します。

飲み過ぎ二日酔い夫のための「簡単しじみ梅干みそ汁」レシピ!

味噌と乾燥具材(ねぎ、わかめ)をお椀に出し、梅干しの種をとってたたいたものねぎすりごまも加えます。

そして、混ぜ混ぜ。

飲み過ぎ二日酔い夫のための「簡単しじみ梅干みそ汁」レシピ!

夜のうちにこの状態にしておき、冷蔵庫に入れておいて、朝はお湯を注ぐだけ!にしておくと、さらに朝がラクです♪

何杯分かを作り置きして冷蔵庫保管しておいても大丈夫だと思います。

飲み過ぎ二日酔い夫のための「簡単しじみ梅干みそ汁」レシピ!

お湯を注ぎ、乾燥わかめがもどったら出来上がり♪

 

梅干しにも、二日酔いや疲労回復に効く成分が含まれていますし、何より、梅の風味でさっぱりします。

しじみと梅干しのダブルパワーで肝臓と疲労に効き、しかもほぼ水分ですから、胃腸の回復にはもってこい!

塩分の調整は、減塩タイプのみそ汁を使ったり、梅干しのタイプで調整できそうですね!

 

夫も私もアラフィフですから、身体の疲れが取れなくなってきたのはよく分かる^^;

そして、4月に異動予定の夫はもうしばらく連日の宴会を避けられないのも分かるので、「しじみ梅干みそ汁」の朝ごはんが続くことでしょう。

ほんとは「飲まない」のがいいのでしょうけど、そんな小言を言うのはもう諦めました・・

せめて、「控えめに飲む」ということをボチボチ覚えて欲しいものです!